«前の日記(2011-02-21) 最新 次の日記(2011-02-26)» 編集

会長@腹部日記


2011-02-22 [長年日記]

_ Windows環境のJRubyで jirb に色をつけて快適に使いましょ

Windows + JRuby + jirbを快適に使うためには、エスケープシーケンスを解釈してくれるコンソールが必要です。残念ながら普段から愛用しているNYAOSでは、エスケープシーケンスは使えません。*1

Ruby Forumの記事を参考に色付jirb環境を作りました。

Windows以外のJRubyや、JのつかないRubyの場合

@sugamasao さんの日記がとても参考になります。

試した環境

  • Windows XP SP3
  • JRuby 1.6.0RC2(手元でコンパイルしたもの)
    • 1.8 mode

> jruby --version
jruby 1.6.0.dev (ruby 1.8.7 patchlevel 249) (2011-02-22 ad68e22) (Java HotSpot(TM) Client VM 1.6.0_18) [Windows XP-x86-java]

エスケープシーケンスを解釈する ANSICONを使います

下記からダウンロード・解凍します。32bit版と64bit版があります。

JRubyにgemを導入します

> jruby -S jgem install wirble --no-ri --no-rdoc
> jruby -S gem list

*** LOCAL GEMS ***

sources (0.0.1)
wirble (0.1.3)

NYAOS + Ckw環境で試します

Ckw経由でNYAOSを起動してからのコマンドを残しておきます。*2

 > ansi132\x86\ansicon.exe -p
 > jruby -S jirb
 >>require 'rubygems'
 >>require 'wirble'
 >>Wirble.init
 >>Wirble.colorize

日本語はANSICONが対応していないらしく、完全に化けます。

色のついた結果はこちら

色のついたjirb

WindowsでのJRuby C拡張があれば話が早い

いつかやってみよう。。。

http://jonforums.github.com/ruby/2010/11/30/devkit-jruby-c-extensions.html

まとめ

  • Windows環境 + JRubyでの色付きjirbは面倒(´・ω・`)
    • 日本語は諦めましょう
    • 将来、Windows環境でのJRubyC拡張が簡単に使えるようになったらいいですね
  • Linux + JRuby環境では、色付きjirbはすぐ使えます*3ので、特別な理由がなければLinuxで(σ´∀`)σ
Tags: JRuby Windows

*1 http://twitter.com/zetamatta/status/26237283623

*2 wirbleの設定や.irbrcについては割愛

*3 試してはいませんが、wirbleが動作しない理由が無い