«前の日(02-18) 最新 次の日(02-20)» 追記

会長@腹部日記


2003-02-19 今日の金沢は夜に雪 この日を編集

_ 4年生は

本日卒業研究本発表です。

きっと去年のワタクシのような

きっついツッコミはないので大丈夫でしょふ。

_ 佐々木倫子著

「動物のお医者さん」(白泉社)

ドラマ化決定だそうです。

いろいろ過去の人との懐かしい思い出がある漫画なので

見ないかもしれません。

_ 馬鹿金大生

二審も実刑判決

自分だけ生き残って何が控訴でしょうか。

ちなみに上告も考えているそうです。

恥です。

_ ちなみに

かならず裁判ざたになると思うWinampスキン

http://classic.winamp.com/skins/detail.jhtml;$sessionid$B5Y1DFPGBXWMLTN241HRCZA?componentId=56304

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ Com [丸耳ネズミ(原産地:米国)が攻めてくるよう]


2004-02-19 この日を編集

_ 最後の聖戦ならぬ(2)

雑用が片付くまであとちょっと・・・

(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★

ふぎゃーーーーーーーーー

Tags: ゆき

_ 四年生の発表が

終わりました

会長が教授だったら一人留年させますが、

果して卒業判定会議の結果はいかに・・・

_ 自分の発表が終わったら

先生方の隣で寝てる彼の話です・・・


2006-02-19 この日を編集

_ お宮まいり & お食い始め

今日は息子にとって、ハードスケジュールでした。

  1. 神社へのお参り
  2. 写真館での撮影
  3. 家でのお食い初め

生まれて101日目、身長は10cm近く伸びて、体重はほぼ倍になりました。

お宮参り

会長の着物が保管されていたので、そのまま息子に着せました。おばあちゃんに抱っこされながら、息子はご機嫌のまま、お参り終了です。絵馬をぶらさげて、次は写真館へ〜

写真館

なんとまぁ100日祝いの写真撮影満員です。どこの家でも子供はかわいいものですね(・∀・)

借りた衣装は、まわし、金太郎、桃太郎の3つです。ほかの子はご機嫌でニコ〜と笑って写真をとっていました。

ところがわが息子は・・・

06_0016_jo.jpg べーー

スタッフのお姉さんたちは苦笑しっぱなしでした。

お食い初め

おまめをペロッ

たこをペロッ

会長とママは寿司をぱくっ

ひいおばぁちゃん、じじ、ばば、会長、ママ、息子、みんなでお腹いっぱいになって、こたつで居眠りしておりました。

( ・ ∀ ・ ) 息子よ、おつかれさまでした

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ 旧こるさ [我が家では こるさのひとつみ・タキシード・桃太郎・新撰組 でした。機嫌が限界にきたところで終了〜 しかし、写真も値..]

_ 会長@腹部 [頼んだところは、撮影代は非常にお得。でも、写真の仕上げ代が(;つД`)]


2007-02-19 この日を編集

_ なつかしゅうございます

http://www.mypress.jp/v2_writers/beep/story/?story_id=1569207

こんな話を、大学院を離れてから、再び目にすることがあるとは(´TωT`)

今年学生だったとすると

この暖冬では、研究できずに困っていましたね。。。

Tags: まじめ

2008-02-19 この日を編集

_ 早朝の出来事

時刻 事象 対処
04:00 次男が夜泣き 抱っこ
05:00 妻布団を蹴飛ばす 掛ける
05:30 長男鼻血 拭く抱っこ ココでiPodから日記更新
Tags: family

_ 高い進学実績を誇る富山県の高校教育だそうで

 「2007年の国公立大進学率は20・6%で全国2位」

入学して終りってわけじゃないのに。。。非留年率や卒業率があれば富山の親御さんはなお喜ぶでしょう。

Tags: まぬけ

2010-02-19 この日を編集

_ きょうのつぶやき : 77回


2014-02-19 この日を編集

_ 技術的負債をやっと返却できるときがきた

jruby-launcherのこの修正を見つけられなかった故に作ってしまった、私の糞コードによる技術的負債。

コードを書くと必ず負債は貯まる。負債をみつけるのも技術のうちだ。

誰もが最初は糞コードを書くから、経験値を貯めてそうならないようにしよう。

負債が貯まるより速く、負債を解消する技術を身につけよう。

[技術的負債という(非エンジニアにとっての)隠しパラメータが生産性100倍を起こす - mizchi's blogより引用]

今から長期に渡っての返却にともなう事務処理が続きます。凹む。気が重い。ま、しかたないわね!(開き直り)

だって負債は減るのだもの。長き目で見れば、良いことだもの。すごく嫌がられるのはわかりますし、それでお仕事無くなったらまさにこんな世の中じゃポイズン。

ぶっちゃけたところ

今年度は評価下がると思うんですよー。偉い人の目につくようなところを作ってませんので。

弊社で評価上がるのはー・・・

  1. 半年で10の成果を出したとしましょう
  2. そのとき、1の負債に蓋をします
  3. ふいに、2年後くらいに蓋を開けてしまいます
  4. 中を見ると負債が戦闘力53万になっている

こんなプロジェクトの進め方をした人です。そして私は蓋を開ける人。進めた人はもういません。おあとがよろしいようで。

はぁすっきり。

Tags: JRuby Windows