«前の日(10-20) 最新 次の日(10-22)» 追記

会長@腹部日記


2002-10-21 とりあえず この日を編集

_ 一日中写めーるをしてみました

この機能って興味のない人には

冷メ〜ル

ですね

(自分でもこれは寒い・・・でも的確かと)

_ まずは実家で

祖母

父繁靴崩壊

_ 漫画を壁紙用に

管理人さん
あれ!? 光った! 転職
ほか 藤間 たかみや

_ 夕御飯

看板は明るくて
写せませんでした
てんぷらうどん スタミナうどん定食

ところが手違いで定食の冷奴に

ソースをかけてしまい、くやしかったです。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ 保険屋さん [おれはあした給料日なんでSH52に変更予定です。]

_ ゆう [意外と綺麗ですな。]

_ 会長@腹部 [SH52を用いてmp3を聞く必要がないのと、SH09から画像をPCへ吸い出せるので今回は見送りで(・∀・)]


2003-10-21 この日を編集

_ 初!トリートメント

あまってるトリートメントを

髮洗った後にぺたぺたぺた

ヽ(・∀・)人(・∀・)人(・∀・)ノ

さて効果は・・・?

Tags: 小ねた

_ 朝髮を触ってみましたが

いつもと一緒(‾ー‾)

_ MSN Messenger互換ソフトが使えなくなっています

すげぇ困ります

MSN側のプロトコルアップグレード
http://slashdot.jp/mobile/03/10/16/0740245.shtml?topic=110

純正MSNは入れたくないし(つД`)

残された道はGtkのVersionあげるか、

Vineをそろそろ止めるかです。

そろそろ止めるかなぁ

_ 追記

MSN 締め出し作戦の被害者たち
http://www.impp.adst.jp/msn/doc/1015xday.html

被害者(・∀・)ハーイ

_ 私、子ども生んでも大丈夫ですか。たとえ電気がなくなってもいいから、私は原発はいやだ。

(つД`)泣きそう・・・

原発がどんなものか知ってほしい(20)
http://genpatsu_shinsai.at.infoseek.co.jp/hirai/page20.html

元ネタは http://zunda.freeshell.org/d/20031020.html#p02


2006-10-21 この日を編集

_ 息子の前で熱唱

夫婦で日本むかしばなしのエンディングソングを熱唱していました。

会長、妻「ぼくもかえ〜ろおうちにかえろ〜」
会長、妻「でんでんでんぐりかえって」
会長「ばいばいばい」
妻「よいよいよい」

Σ(‾□‾;)なんか違う〜

子守唄には

会長「ぼうや〜よいこだねんねしな〜」

と歌っていますが、歌詞がわからないため途中から

会長「にゃにゃにゃにゃ〜〜〜〜」

意外と息子は

スカーーーーーーーーーー

寝てくれます(・∀・)


2007-10-21 この日を編集

_ テクニカルエンジニア ネットワーク受験

手ごたえからして、おそらく午前で不合格です_|‾|○

午前の、この問題

ある開発プロジェクトの見積もり工数は88人月である。

作業を開始した1月から5月までは各月に10名を投入したが、
5月末時点で40人月分の作業しか完了していない。

8月末までにこのプロジェクトを完了するためには、
6月以降は最低何名の追加要員が必要か。

ここで、6月以降のすべての要員の作業効率は、
5月までの要員と同じであるものとする。

なんとまぁ!会社の偉い人たちが得意な計算だ(‾□‾;)!!

解答

  • ア. 6
  • イ.10
  • ウ.16
  • エ.20

個人的には5月末で遅れているのなら

  • オ.20人以上(作業効率が同じであるという仮定が崩れたために、既存の要員の体調が悪化し、更なる追加要員が必要になった結果)

こんなものかと(´・ω・`)


2009-10-21 この日を編集

_ JRuby 1.4.0RC1で、ActiveRecordのユニットテスト (2) - MySQL編

0. 先日の続き

うまくいかない犯人はコメントアウトしておいてください。。

  • <JRuby解凍先>\bin\_jrubyvmopts.bat

 169行目
 :
 @rem set _RUBY_OPTS=%_RUBY_OPTS:_P=|%
 :

1. MySQLをダウンロード、インストール

  • community版
  • インストール後そのまま設定へ
    • Developer Machine
    • Multifunctional Database
    • Desision Support(DSS)/OLAP
    • Enable TCP/IP Networking
      • Port:3306
    • Enable Strict Mode
    • Best Support For Multilingualism
    • Install As Windows Service
    • Modify Security Settings

その後自分でPATHを通す。

set PATH=%PATH%;<MySQLインストール先>\bin

2. MySQL用jdbcをインストール

 > jruby -S gem install activerecord-jdbcmysql-adapter
 JRuby limited openssl loaded. gem install jruby-openssl for full support.
 http://jruby.kenai.com/pages/JRuby_Builtin_OpenSSL
 Successfully installed jdbc-mysql-5.0.4
 Successfully installed activerecord-jdbcmysql-adapter-0.9.2
 2 gems installed

3. ActiveRecordのフォルダに移動

 >cd <JRuby解凍先>lib
ubygems.8gemsctiverecord-2.3.4

4. test\connections\jdbc_jdbcmysql\connection.rb を見る

こう書いてある。

 # GRANT ALL PRIVILEGES ON activerecord_unittest.* to 'rails'@'localhost';
 # GRANT ALL PRIVILEGES ON activerecord_unittest2.* to 'rails'@'localhost';
言われるがままに作成してみる。

 > mysql -u root -p
 Enter password: ********
 Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or g.
 Your MySQL connection id is 2
 Server version: 5.1.39-community MySQL Community Server (GPL)
 
 Type 'help;' or 'h' for help. Type ' to clear the current input statement.
 
 mysql> create database activerecord_unittest;
 Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
 
 mysql> create database activerecord_unittest2;
 Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
ユーザはうまく作れなかったので、connection.rbに、MySQLのrootと、パスワードを直接記載しました。*1

5. テスト実行

 >jruby -S rake tast_jdbcmysql --trace
 :
 .....
うごいたー

:
rake aborted!

うっ。

6. UnitTest結果発表

2070 tests, 6504 assertions, 63 failures, 86 errors

( ´ ・ ω ・ ` ) PostgresSQLよりは、errorの数が減っている。

テスト失敗メッセージにも、NoMethodErrorがちらほら見られます。Windowsだとこんなものなのでしょうかね。

*1 あとでちゃんとMySQLくらい使えるようにならんと。。。orz

_ JRuby 1.4.0RC1で、ActiveRecordのユニットテスト (3) - SQLite3編

XPSP3環境です。眠いかつ簡単なので手抜きです。_jrubyvmopts.batは修正しておいてください。

1. SQLite3をダウンロード、配置

  • sqlite3.exeとsqlite3.dllを <jruby解凍先>\bin に配置

2. SQLite3用jdbcをインストール

 > jruby -S gem install activerecord-jdbcsqlite3-adapter
 JRuby limited openssl loaded. gem install jruby-openssl for full support.
 http://jruby.kenai.com/pages/JRuby_Builtin_OpenSSL
 Successfully installed jdbc-sqlite3-3.6.3.054
 Successfully installed activerecord-jdbcsqlite3-adapter-0.9.2
 2 gems installed

3. テスト実行

 >jruby -S rake tast_jdbcsqlite3 --trace
 :
 .....
うごいたー

2070 tests, 5689 assertions, 69 failures, 250 errors
rake aborted!

やっぱり(´・ω・`)

_ きょうのつぶやき : 43回


2016-10-21 この日を編集

_ Windowsでの作業が既定されていてもDocker Toolbox使うと環境構築のトラブルが減ると思いました

以下のようなDockerfileで sphinxのビルドを実施しました。( @minimum2scp さんにとても感謝です)

FROM minimum2scp/sphinx

MAINTAINER tamoot <tamoot@gmail.com>

ENV http_proxy 会社のproxy設定

ENV https_proxy 会社のproxy設定

RUN pip install sphinxcontrib-httpdomain
docker build -t tamoot-sphinx:1.0 .
docker run -v /c/Users/tamoot/git/test:/doc tamoot-sphinx:1.0 /bin/bash -c "cd /doc && make html"

ここまで楽だと、下手に以下の作業お願いをして環境作ってもらうよりずっと楽なのでは、と思ってきました。

1. sphinxをインストールしてください
2. 環境変数PATHで 1のインストール先を設定してください
3. 環境変数http_proxy、https_proxyに会社のproxy設定をしてください
4. 一度ログアウトします
5. DOSプロンプトを起動します
6. 以下のコマンドを実行します
   cd Sphinxと一緒に配置されるpythonのパス
   pip install sphinxcontrib-httpdomain

Dockerでまとめちゃえば、サーバサイドのjavaの作業もgradleで統一できそうな気配がありますし、フロントエンドとしても npmやphantomjs、32bitWindowsで何故かインストールできない、といった問題が無くなると思ってきました。

ただ・・・遅いのかしらね、やはり。。

「遅い」より「人によって動く動かないが別れる、原因不明」に困らされた回数がずっと多いです。

機会をみて一斉にチーム全員にDockerを普及させてみたいところです。

Tags: Docker