«前の日記(2005-07-02) 最新 次の日記(2005-07-04)» 編集

会長@腹部日記


2005-07-03 [長年日記]

_ 初産婦人科

行って参りました。

きれいな産婦人科で、日曜診察のためか診察、お見舞いで満員でした。

きょろきょろしてると、

入院している臨月であろう妊婦さんが

診察のために看護婦さんに車椅子押してもらっているのが見えました。

そんな中、妻が呼び出され、後ろに連れ立って診察室に入る旦那。

そして、超音波画像を見ることができました。

心臓が動いてて、音も聞くことができました。

先生からは、

「ここが右目、左目、肋骨と、軟骨と、へその緒と・・・」

と、丁寧に教えてもらいました。

妻も、子供も元気に育って一安心です( ・∀・)ノ 。

なんといいますか

旦那感動してしまったわけであります。

涙が出てきて嬉しくてしかたなかったのであります(TДT)

「仕事だるい〜」

なんて言っている場合ではありません(・∀・)ノ

一応画像の研究もしてましたので

超音波画像や4D画像*1が気になってしまい

やはりじろじろ機器を眺めてしまいました。

画像内の任意の2点を選択すると実距離が計算されたり、

トラックボールを動かすことで、4D画像を回転させて表示させてていました。

映像出力も、妊婦が寝たまま見えるように

診察台上部へのモニターにも出力していましたし、

もちろんプリントアウト機能も完備。

小さいときからテレビで見ていたようなしょぼい設備ではありませんでした。

この先医療ももっともっと、変わっていくのですな(‾ー‾)

Tags: family

*1 サンプル : http://www.fukuikai.jp/4decho.htm