«前の日記(2005-11-10) 最新 次の日記(2005-11-12)» 編集

会長@腹部日記


2005-11-11 [長年日記]

_ 第一子出産ドキュメント (2)

03:00 落ち着かない運転 富山市 -> 七尾市
04:20 病院着、義母と合流
04:25 どたばた駆け足で分娩室へ
04:30 妻の腰のさすり方を教わる。
事が終わったあとで「助産士さんが圧倒的に上手だった」とのコメント。
04:35 義母いったん帰宅。二人だけの分娩室。
痛みのためほとんど会話不可能。ナースコールもたびたび。そのたびに看護主任さんの励ましの言葉。
05:30 (´・ω・`)(今のうちにビデオカメラをセッティングしておこう)
07:30 痛みのため、完全に会話不可能に。
食事どころではなし。旦那は少し食事をとる。
09:00 医師による診察、まだ時間かかるとの結果。
09:30 診察のためいったん外へ
師長さん(昔でいうところの婦長さん)「統計上、今の状態からだと、まだ4時間近くかかるから旦那さんもいっしょにがんばってね」
10:20 診察のため外に出ていると
「いたーーーあjf;djf;あsfj;dkjdfj」
今までにない叫び声
10:25 分娩室に飛び込むと既に分娩準備完了
「いたーーーあjf;djf;あsfj;dkjdfj」
看護士さんが分娩室に増えてきて、師長さんも分娩に加わって
助産士さん「はい、がんばって」
師長さん「すーーーーっってーーーーはいてーーーーーーーーーー」
助産士さん「そう、うまいよ!もう頭見えてるねー」
師長さん「先生どこいったの?トイレ!?呼んできて!!!」
(´・ω・`)(おろおろおろおろ)
(´・ω・`)(先生、早く・・・・)
10:40 先生到着
(´・ω・`)(先生、なんでそんなにゆったりしてるの!?!?)
師長さん「はい、カメラこっち!!!!」
(´・ω・`)「はいっ!?!?」
(´・ω・`)(妻の手を握る)
「ふーーーーーーーーーfj;あjk;ふぁds;fjkf」
10:49 第一子誕生
第一子 (鼻、喉を吸引される)
第一子おぎゃぁおぎゃぁ
( ・∀・)人(・∀・ ) 「がんばったね。」「ほら、名前呼んであげよ」
「じょ〜〜〜せ〜〜〜」

第一子詳細〜

体重 3662 [g] 病棟内乳児で一番重い体重でした
身長 53 [cm]
性別 男子
名前 またあとで〜
Tags: family