«前の日記(2010-01-18) 最新 次の日記(2010-01-20)» 編集

会長@腹部日記


2010-01-19 [長年日記]

_ さくらインターネットでSubversion-1.6.6をコンパイルする

Ruby1.9.1をコンパイルした後はsubversionをコンパイルします。

環境

 $gcc --version
 gcc (GCC) 4.2.1 20070719 [FreeBSD]
 Copyright (C) 2007 Free Software Foundation, Inc.
 (略)

目的

  • tDiaryのSVN環境を追いかけるため

コンパイル対象

細かい手順は省きます

configure時、 環境変数INSTALL_PREFIXを --prefixの値として指定。

expatは$INSTALL_PREFIXにインストールした後、環境変数LD_LIBRARY_PATHを指定しておく

 export LD_LIBRARY_PATH=$INSTALL_PREFIX/lib

sqlite.c はconfigure時に subversionソースディレクトリ内に配置しろと言われるのでその通りに配置

  • tDiaryのリポジトリはhttps接続のため、neonは忘れないように
    • neonは解凍した後、subversionソースディレクトリ内にneonという名前でコピーするか、シンボリックリンク

subversionのconfigureは以下のように実施。あとは普通にmake、make installで終わりました。

 $ ./configure --prefix=$INSTALL_PREFIX --with-ssl --with-neon=/home/harabu/local/lib/neon --disable-static --with-libs | tee ../svn_configure.log
 $ make
 $ make install

_ きょうのつぶやき : 96回

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
_ 会長@腹部 (2010-04-14 02:32)

忘れないよう自分でツッコミ<br><br>sqlite-amalgamation のソースを展開して --with-sqlite3=../相対パス/sqlite3.c だけでもよい<br><br>とのこと。