«前の日記(2011-10-30) 最新 次の日記(2011-11-05)» 編集

会長@腹部日記


2011-11-02 [長年日記]

_ Windowsで #JRuby を始めたい方向けまとめ 2011年秋版 (タイトルパクリ)

普通のRubyに関しては、Rubyを始めたい方向けまとめ(2011年秋版) - 223 Softwareをどうぞ。この記事は、Windows上でJRubyを用いた開発作業を強いられる環境にいる人達へ、手助けになればと思い記載しております。

これを読んで面倒と思ったり、よくわからない方は、おとなしくWindowsを捨ててRVMが動作する環境を用意しましょう。

まずJRubyとJDKを取得・解凍

JDK等がよく分からない人は、jruby.org から jre付の圧縮ファイルを取得しましょう。目印としてexe+jre という形で記載されています。

動作させてみましょう。

恒例のワンライナーHello Worldです。

set JAVA_HOME=C:\jdk                   # JDK解凍先
set PATH=C:\jruby-bin-1.6.5\bin;%PATH% # JRuby解凍先\bin
jruby.exe --version
jruby.exe -e "puts 'Hello World'"

MatzRubyに無いものとしては*1-Sオプションを使うと、JRubyのbinディレクトリ(上記例だと C:\jruby-bin-1.6.5\bin)にあるコマンドが使用されます。以下サンプルです。

jruby -S jirb     # C:\jruby-bin-1.6.5\bin\jirb.batが実行される
jruby -S gem list # C:\jruby-bin-1.6.5\bin\gem.batが実行される
jruby -S rake -T  # C:\jruby-bin-1.6.5\bin\rake.batが実行される

# こんな使い方です
jruby -S gem install rspec
jruby -S rspec path_to_specs/hogehoge_spec.rb

Swingで動作するjirbが付属しています

1.6.5を覗いてみたら jirb_swing.bat なるものが存在していました。 起動すると、コンソールが立ち上がります。Tabでメソッド補完候補まで表示してくれます。これすごい。

jirb_swing_Tab

環境を整えましょう

ここからはお好みに合わせて。

ターミナルソフト

DOSプロンプトにこだわる必要はありません。楽できるものを選びましょう。少しくらい設定したり好みに仕立て上げる時間をかけましょう。

pik

各種ターミナルやDOSプロンプト内で簡単にRubyを切り替えて利用できます。RVMのWindows版と思ってください。もちろんJRubyも登録可能です。

IDE

NetBeansが無難と思われます。7.0.1で試してみました。

  1. NetBeans からインストーラをダウンロードして、インストール
  2. プラグイン設定の画面にて、Ruby で検索
  3. Ruby and Railsプラグインが見つかるのでインストール
  4. 再起動
  5. メニューから [ツール]-[Rubyプラットフォーム]を選択
  6. [プラットフォームを追加]を押す
  7. C:\jruby-bin-1.6.5\bin\jruby.exeを選択
  8. プロジェクトを作成して、テストコードを書きながらRubyコードを書き、JRubyインタプリタで動かす

まとめ

Windowsでは何かと不自由ですが、この記事を参考にとっつきにくさは変わるかなぁとは思います*2。情報源としては twitterのハッシュタグ #JRuby 、日本JRubyユーザ会、あとは本家からのリンクにあるページをたどると良いと思います。

ではみなさん、快適とは言いがたいかもしれませんが、Windowsでの精一杯のJRuby開発を!

*1 IronRubyにはある様子

*2 Windowsそのものがとっつきにくい人もいるか

*3 githubのwikiに移ってたんだ・・・