«前の日記(2013-05-22) 最新 次の日記(2013-06-03)» 編集

会長@腹部日記


2013-06-02 [長年日記]

_ 急に時間が空いたので #RubyKaigi の資料を読みふけっている

片田舎でも資料が見られて素晴らしいです。

High Performance Rails (long edition)

The Future of JRuby?


Video streaming by Ustream

Ruby 'root'

Ruby on Windows -- the past, the present, and the future

UStream見つからずorz

Tags: Ruby

_ Windows環境でのtDiary動作・開発にはJRubyが1番楽、とついでに JRuby + pumaでも #tDiary が動作したメモ

RubyKaigi 2013にあてられた日曜の昼下がり幸いにも妻と子供は出かけておりました、Windows7でのtDiary開発環境を整える手順をメモ。

  C:\Users\tamoot\Documents\Github\tdiary-core
  • 4. tdiary-coreを右クリックしてGithub for Windowsで"Open a Shell here" を選ぶ
    • その前にJRubyを使えるようにしておくこと
    • あらかじめ設定してあったpikも動いた。
  • 5. bundle installする
jruby -S bundle install --path vendor\bundle --without development:test
  • 6. tdiary.conf.sampleをtdiary.confとして保存する
  • 7. 認証をスキップするためconfig.ruを少し改造(手抜き)
map "#{base_dir}/update.rb" do
	# Basic Auth
#	use TDiary::Rack::Auth::Basic, '.htpasswd'
  • 8. jruby -S bundle exec trinidad

ちゃんと動きました-。

ついでに puma も試してみる

  • 1. Gemfileにpumaを追加
platforms :jruby do
  gem 'trinidad'
  gem 'puma'
end
  • 2. bundle install
jruby -S bundle install --path vendor\bundle --without development:test
:
Using omniauth-twitter (0.0.16)
Installing puma (2.0.1)
Using redis (3.0.4)
:
  • 3. bundleから起動
jruby -S bundle exec puma
Puma 2.0.1 starting...
* Min threads: 0, max threads: 16
* Environment: development
* Listening on tcp://0.0.0.0:9292
Use Ctrl-C to stop

これも動いたー。標準的なRackインターフェースに乗っている、こんなに素晴らしいことはない。そして、普段からメンテナンスされていることの素晴らしさ。

比較して弊社が保守している(略

気づいたこと・メモ

trinidad

概要・オプション含め以下に書いてある。

https://github.com/trinidad/trinidad

puma

オプションはこの辺を参考

Ctrl+C押したら以下が表示されました。親切。waitする時間を指定できれば業務でも使える!!!!

 - Gracefully stopping, waiting for requests to finish
 - Goodbye!

JRuby は $SAFE が無効

C:/Users/tamoot/Documents/GitHub/tdiary-core/tdiary/core_ext.rb:106 warning: S
AFE levels are not supported in JRuby
bundle install のオプション

development, testで指定されているgemのどれかが sqliteに依存してるらしく、JRubyはC拡張Gemがインストールできないため失敗。

にしても、Windows環境でのtDiary動作、お手軽プラグインぐらいの開発にはJRubyが1番楽というオチには代わりがありません。