最新 追記

会長@腹部日記


2016-07-16 [長年日記] この日を編集

_ パン屋巡りメモ (8) - 高岡市:BeBe

大納言バトン++



2016-07-17 [長年日記] この日を編集

_ パン屋巡りメモ (9) - 富山市:パン工房 みなみかぜ

クリームフランスが密かなお気に入り



2016-07-18 [長年日記] この日を編集

_ Ubuntu14.04にしました

www.tamoot.netを動かしているUbuntuを14.04(いまさら)にしました。

以下がとても参考になりました。

あとapache2.4.7になった影響でほんのちょっと直しました。

メジャーなOSとapacheは楽だぁ。。。

tDiaryは

rubyがそのまま動いているので問題無しでした。

あとで色々新しくしよう。時間切れ~

Tags: Linux Ubuntu

2016-07-20 [長年日記] この日を編集

_ windows2012のvagrant box(Virtualbox)を作成する (1) - 201607時点

とある講演*1を連発で聴講したので、たまには外へ情報を出そうと思い立ちました。

動機

windows2012に対する手作業が多く辛いため、何度も作業できる環境を用意したいためです。(時間の関係でそうそう作れない・・・)

自作boxだと安心できますので!*2

環境

  • vagrant: 1.8.5
  • VirtualBox: 5.1
  • ホストOS: Windows2012R2 + Windows Update済み、CPUとメモリはそこそこ搭載
  • ゲストOS: windows 2012 R2 評価版 → vagrant upして動かしたい

参考になる手順

捕捉

ゲストOS
  • 先のURLの通りWindows Updateをしておくこと
    • vagrant upコマンドで利用されている rubyのgemの winntlmの通信で失敗してしまいます。
  • その過程でproxyの設定も必要になるので、netshコマンド等で適宜実施してしまいましょう
  • ここでansibleで ping module で動作確認しておくと安心
    • python2.7+ansible 2.1.0を利用しました。windowsの場合、winrm用の記述をhostsに施す必要があるため、これはまた後ほど。。。
vagrant package時
  • できあがったboxが大きくなりがちなので、先のURLの通り、いろいろ削除したくなると思います。必要なものは残しておきましょう。
  • 間違いなく4GByteは超えるboxが生成されます。
vagrant up時
  • vagrantコマンドの出力先や、virtualboxが仮想マシンのディスク用ファイルを配置するボリュームまたはドライブを別にしておくと、vagrant upコマンドが速いです。それでも20分はかかります。
  • vagrant upの後は、Windowsの何かが、評価版であることの確認ができておらず、「ライセンス切れてます」と表示されます。多分放っておくと直った記憶が。。
    • 気になる方は、 管理者権限のDOSプロンプト等で `slmgr -rearm` コマンドを実行してみてください。適当にOKを何度か押して、Windowsを再起動すると180日に戻ります
ansibleも動くので

ansible経由で色々動かす土台ができますよ~

本当は slmgr -realm もansibleで実行できたら楽ですがうまくいかず。VBScriptでダイアログを表示しちゃうので、WinRMだと失敗です。

いくらansibleでもWindowsは苦行ですね。割り切って色々やってみます、ということで終わります。

*1 Rubyの生みの親の方

*2 会社だとWindowsの場合、色々インストールする決まりがあります


2016-07-21 [長年日記] この日を編集

_ ansible 2.1.0.0 とwindows2012との戦い (1) - Inventoryの内容

環境

ansible 2.1.0.0
  config file = /etc/ansible/ansible.cfg
  configured module search path = Default w/o overrides
  • ansibleが動作するOS: CentOS
cat /etc/centos-release
CentOS Linux release 7.1.1503 (Core)

指定する内容

とりあえず内容はこんなので。

[windows:vars]
ansible_ssh_user=Administrator
ansible_ssh_pass=vagrant
ansible_ssh_port=25985
ansible_connection=winrm
ansible_winrm_scheme=http

pingモジュールは無事動作。

Tags: ansible

_ ansible 2.1.0.0 とwindows2012との戦い (2) - パス区切り文字(バックスラッシュ `\` )で悩まないように

環境

ansible 2.1.0.0
  config file = /etc/ansible/ansible.cfg
  configured module search path = Default w/o overrides
  • ansibleが動作するOS: CentOS
cat /etc/centos-release
CentOS Linux release 7.1.1503 (Core)

パス区切り文字 ( `\` ) をplaybookへ記載する例

バックスラッシュをバックスラッシュでエスケープしつつ、ダブルクォート(`"`)で囲いましょう。

---
- name: java.exe in JDK 1.8.0_73
  hosts: windows01
  tasks:
     - name: exists
       win_stat: path="C:\\Program Files\\Java\\jdk1.8.0_73\\bin\\java.exe"
       register: java_info

     - debug: var=java_info
出力例
PLAY [Check JDK(Oracle)] *******************************************************

TASK [setup] *******************************************************************
 [WARNING]: ansible_winrm_scheme unsupported by pywinrm (is an up-to-date version of pywinrm installed?)

ok: [1.1.1.1]

TASK [exists] ******************************************************************
 [WARNING]: ansible_winrm_scheme unsupported by pywinrm (is an up-to-date version of pywinrm installed?)

ok: [1.1.1.1]

TASK [debug] *******************************************************************
 [WARNING]: ansible_winrm_scheme unsupported by pywinrm (is an up-to-date version of pywinrm installed?)

ok: [1.1.1.1] => {
    "java_info": {
        "changed": false,
        "stat": {
            "attributes": "Archive",
            "checksum": "918199397b6e49d7f53fc3207ac5a44f66058450",
            "creationtime": 1468601855.5886586,
            "exists": true,
            "extension": ".exe",
            "isdir": false,
            "lastaccesstime": 1468601855.5886586,
            "lastwritetime": 1468601855.5886586,
            "md5": "918199397b6e49d7f53fc3207ac5a44f66058450",
            "owner": "NT AUTHORITY\\SYSTEM",
            "size": 206912
        }
    }
}

PLAY RECAP *********************************************************************
1.1.1.1             : ok=3    changed=0    unreachable=0    failed=0
Tags: ansible

2016-07-27 [長年日記] この日を編集

_ sphinxcontrib.httpdomain のコツ (1) - JSONのコメント

こう書いたらハイライトしてもらえません。javascriptのようにコメントを入れたら、pygmentsがJSON書式でない、と判断していると思われます。

.. sourcecode:: http

   HTTP/1.1 200 OK
   Vary: Accept
   Content-Type: application/json

   [
     {
       "book_id": 123,
       "author_id": 35,
       "title": "Sphinx Book"
     },
     {
       "book_id": 125,       // primary key
       "author_id": 13,      // 外部キー
       "title": "Python Book"
     }
   ]

JSONにはコメント構文がない - Qiitaを参考に無理矢理コメント用データを追加しましたorz

.. sourcecode:: http

   HTTP/1.1 200 OK
   Vary: Accept
   Content-Type: application/json

   [
     {
       "book_id": 123,
       "author_id": 35,
       "title": "Sphinx Book"
     },
     {
       "__tmp_comment__": "primary key",
       "book_id": 125,
       "__tmp_comment__": "外部キー",
       "author_id": 13,
       "title": "Python Book"
     }
   ]

こればっかりはどうにもならない様子です。

Tags: Sphinx