最新 追記

会長@腹部日記


2016-08-25 [長年日記] この日を編集

_ hubot さんが mattermost へメッセージを投げる例

自分でもどこで見つけてきたのか忘れておりますが、書いておきます。

module.exports = (robot) ->

   robot.router.get '/hubot/result/build/:path', (req, res) ->
      #ルーム指定用
      envelope = {}
      envelope.user = {}
      envelope.user.room = "hubot_notify" # mattermostのルーム名
      
      robot.send envelope, req.params.path
      res.send 'OK'

_ hubot さんが mattermost へ定期的にメッセージを投げる例

cron周りよくわからなかった。npm力が無いorz

HubotCron = require 'hubot-cronjob'

module.exports = (robot) ->

  pattern = '59 12 * * *'

  new HubotCron pattern, 'Asia/Tokyo', () ->
    envelope = {}
    envelope.user = {}
    envelope.user.room = 'hubot_notify'

    robot.send envelope, '昼会です'

2016-08-26 [長年日記] この日を編集

_ GFMスタイルに変更、テスト

tdiary-style-gfmプラグインを利用して、日記にてGFMを使い始めました。

flickrプラグインもテスト

たれパンダではないのよ #shiba #dog #柴犬 #犬 #犬バカ部 #黒柴

もんだいなーし

手順

  1. puma停止
  2. git fetch -v upstream
  3. git merge master upstream/master
  4. Gemfile.localに tdiary-style-gfmを追加
  • 今回はgit cloneしたものを指定
  1. tdiary.conf を @style='GFM' に変更
  2. puma起動

2016-08-30 [長年日記] この日を編集

_ cocproxyメモ2016

近いうちに 外部への通信を制限された環境下インターネッツに繋がっていたら楽な諸々のインストール・設定 作業を実施する必要がありそうなので、味見してみます。

懐かしのcodereposに公開されていたものですが、githubにも公開されているので試用してみました。

とりあえず動かす

rbenv exec ruby --version
ruby 2.3.1p112 (2016-04-26 revision 54768) [x86_64-linux]
cd どこか
rbenv exec bundle init
echo "gem 'cocproxy'" >> Gemfile
rbenv exec bundle install --path vendor/bundle
rbenv exec bundle exec cocproxy --port 44445

起動時に読み込まれる設定ファイルはこちら

cat どこか/proxy-config.yaml
---
server:
   :ProxyURI: http://会社の中とかで必要な.proxy.url:<port>
   :FilterDir: どこか/files
EOC

紹介記事(古め)

electron版(動かしてない)

Tags: Ruby