最新 追記

会長@腹部日記


2021-05-01 [長年日記] この日を編集

_ tDiaryとRubyを更新 + 20年目のtDiaryおめでとうございます

自前のansible + Dockerファイルを直して再ビルド、正味30分でした。

作っておくものだなぁ。。。

思い切って Rubyは3.0.1としました。 *1

それはそうと

20年前の今日、tDiaryの最初の1行が書かれました。長らくのご愛用、ありがとうございます!

レンタルサーバをターゲットに、CGIスクリプトとして動き始めたtDiaryも、いまではクラウドサービス上のDockerでも動くようにまでなりました。当時、同じタイミングで生まれたブログツール・サービスたちの多くは消え去っていきましたが、サポートしてくださる開発者、利用者のみなさんのおかげで進歩を止めずに開発を続けることができました

[tDiary.org - tDiaryは二十歳になりましたより引用]

おめでたいことです。また、少しでも貢献できてきたと思っておりますので、これまたうれしいです。

Tags: tDiary Ruby

*1 バージョンを含めたdockerイメージから ruby:latest イメージに変更



2021-05-25 [長年日記] この日を編集

_ 不自由な環境でのWSL1を使う

前提

  • Windows 10 バージョン 20H2 (OSビルド 19042.985) で確認しています
  • Microsoft Storeは使えません
  • WSL2も使えません

Distribution Ubuntu-20.04をインストールする

  1. 以下のうち、一部のPowerShellのみ管理者権限で実行(うろおぼえ

    dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart
    dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart
    
  2. 以下から拡張子 .appx ファイルをダウンロード

  3. 拡張子 .zip にrename

  4. 解凍、生成されるファイル ubuntu2004.exe を実行(ダブルクリック

  5. ユーザ名とパスワード入れて起動

  6. wslコマンドで確認できる

    wsl -l
    Linux 用 Windows サブシステム ディストリビューション:
    Ubuntu-20.04 (既定)
    
  7. この後は ubuntu2004.exe をクリックなり、Windows Terminalから利用

    • 他にもいろんな手段あり

Distributionを消す、クリーンアップする

きれいにしたい、アプリケーションインストールなどをやり直したいときに

  1. wslコマンド unregisterで可能

    wsl --unregister Ubuntu-20.04
    登録を解除しています...
    
Tags: Windows Linux